上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1回目
「キチュリー」&「ウプマ」&「アロエ葛湯」&「食べる野菜ビーツスープ」&「冬瓜のコランブ」
アーユル春
養生食の為、おかわりして その時お腹いっぱいでも、お腹がすくのが、早かったでした

2回目
「人参のトーレン」&「冬瓜のオーレン」&「プットゥ」&「クスンブリ」&「ムーングダールラッサム」
&「ジャルジーラー」&「日本米の湯取りライス」
アーユル春2
帰り道は、リシケシへ近々行かれる方と、ご一緒し、色々お話出来て楽しかったでした
ヨガやアーユルヴェーダ学ぶ内に、インドへ行きたくなりますよね。。。などの話を。。。

3回目(最終日)
「ほうれん草と寄せ豆腐の冷えスープ」&「焼きナスの香菜あえ」&「新生姜漬け」&
「ミツバのサンボーラ」&「焼き魚」&「スイカと寒天のジュレ」&「新生姜と緑豆のご飯」
アーユル春・最終日 + インドに行かれた方からのお土産

大阪へ遊びに行かれた先生のお土産話 京都で途中下車して行かれたという
インド料理屋さん。。。日本で1番の指に入る。。。センスがいいと、絶賛されておられ
気になります。。。いつか。。。

そのお話から、東京・神奈川・千葉のオススメのインド料理屋の話題に。。。メモチェック

月1・全3回 コース 終了。。。次回のインド料理教室へは 来年になる事でしょう。。。
先生ご考案レシピから繰り広げられるお味は、美味しさいっぱい

もだま もだま2
ヒハツ 上:もだま、下:ヒハツ 貴重な物を見せて頂く
スポンサーサイト
インド料理教室にて 全3回 スリランカ料理を 受講 初めて「スリランカ料理」を、口にしました
底抜けに 明るい先生方々の元、楽しい クッキングタイムでした
--------- * --------- * --------- * --------- * --------- * ---------
10月 1回目
「玉子のホッダ」&「ポルサンボーラ」&「シーニサンボーラ」&「人参のスダタスタイル」&「パラップ」
スリランカ料理 臼

ココナッツ、モルディブフィッシュ(日本では、鰹節で代用)が、入っている料理が多い様です
又、結構ニンニク 入れています 確実に自分が 匂いを放っています。。。

鰹節と絡み合って、絶妙なお味

材料を揃えたら、鍋に入れて煮るのみ という料理が 多い様です

又々 玉ねぎ切り係に まわる事に。。。本当、よく玉ねぎ係に当たります(笑) 涙。。。

土鍋2 土鍋1

--------- * --------- * --------- * --------- * --------- * ---------
11月 2回目
「インディー・アーッパ」&「カシューナッツのホッダ」&「キリバト」&「ルヌミリス」
&「マールアンブルティヤル」&「青菜のマッルン」
2回目 土鍋

日本人向けに 辛味加減etc.を 工夫して下さっていますが、
スリランカ料理は、濃いめ・辛めが多いのです  バナナの甘さが、程よく口休めになり。。。
また、前日のアーユルヴェーダクラスで 残っていた インドスイーツを、おまけに頂き
控えめな甘さに、ホッと身体に染み渡りました

「インディー・アッパ」作りでは、粘り気の強い 日本の米粉を 試しに使用したのですが
もの凄く 力のいる作業でした
     「インディー・アッパ」専用の スリランカのを使えば、スルッと軽々出来るとの事でした
     (「インディー・アッパ」は、米粉を練って、ところてんの様に 押し出して作る 蒸し麺の事)

押し出し中 キリバト  「キリバト」

--------- * --------- * --------- * --------- * --------- * ---------
12月 3回目
「チキンカレーシンハラスタイル」&「茄子のモージュ」&「アラバドゥマ」
&「青菜のサンボーラ」&「フルーツサラダ」

最終★スリランカ料理 
スリランカ食材の名称が、覚えきれていません。。。

やはり スリランカ料理は、味が濃いめですね~ 白いご飯が進みます。。。

2012年は、月1ペース位で、インド料理教室へ 足を運んでいた様な 気がします。。。

受講してない 気になるコース、まだあります  暫く 難しそうなので、再来年辺りから
また 約1時間40分かけて 教室へ 足を運ぶとしようカナ。。。
御持て成しⅡクラス、終了 最終オモテナシ2

「タマリンドのサバカレー」&「コリアンダーライス」&「チキンとナスのキーマカレー」&「フィルニ」

6回目(最後)は、日程が合わなかった事で、少し間が空いての 受講に・・・

「タマリンドとサバカレー」は、サバの味噌煮の様な 雰囲気
コリアンダーライスに、とても よく合いました

「フィルニ」は、好きな インドスイーツの1つですが、トロみが出る迄、煮詰め かき回してと。。。
ガスに付きっきりで、作るのに、とても時間が かかります

各品、オカワリ有でしたが、以外にも 余った 「フィルニ」を、オカワリしてしまいました
トロミ加減、素朴な甘さ、本当、美味しいのですよね。。。

ペサラットゥ   プラスα 美味しい 「ペサラットゥ」を ご馳走になりました
(作 : 先生) ↑ 南インド料理です
「ミント粥」&「トマトスープ」&「コラ・キャンダ」&「イヌホオズキのパリヤ」&「芽もやしのクスンブリ」
~7月の部~ 1回目のお料理

糖尿病の方にも良いとされる糖分「キトゥルジャガリ」を 初めて 口にしました
8種類のスパイス類の混ざる 消化剤「ヒーングアシュタカチュールナ」を、お土産として頂きました
消化に良い物ばかりの為、わりとすぐに お腹が空きました
****************************************************************

「ペサラットゥ」&「黒ゴマポディ」&「ココナッツチャトニ」&「ヘビ瓜のサブジ(インド)」&
「ヘビ瓜ウリのカレー(スリランカ)」&「炒りベーサンのカリー」&「つるむらさき炒め」&「コリアンダーライス」

~8月の部~ Ayv2回目

何故だか、よく 玉ねぎのみじん切りの担当になります(笑) 涙ボロボロ 

ピッタ過多に良いとされる ヘビ瓜は、手に入りにくいので、無い場合 冬瓜でも良いとの事。。。
ヘビ瓜は、血をキレイにしてくれる働きがあります

ココナッツの入るチャトニは、癖になるお味でした

教室到着後、おもてなし頂いた ミント水と氷砂糖が、身体に染み渡りました (暑い時期、良いのです)
****************************************************************

「韓国風すいとん」&「オクラのあえもの」&「蒸し野菜のレモンギーソースがけ」&
「ブドウの和風ジュレ」&「ミニウプマおはぎ」

~9月の部~ avy夏☆最終

最終日は、アーユルヴェーダに基づく、教室オリジナルレシピ 彩りキレイ

レモンギーソースが 何にでも合い。。。美味しさを覚え。。。すぐに試してみたくなりました

もち米では無い、初の ウプマ使用のおはぎ・・・消化に軽くて 美味し。。。

全3回、全品 素晴らしいです
「バターチキン」&「ソフトチャパティ」&「キャベツのポリヤル」&
「じゃが芋のサブジ・ベンガルスタイル」&「ジャルジーラー」
御持て成しⅡクラス 5回目 

ソフトチャパティは、熱湯で混ぜ、時間をかけて捏ねなくても良い為、
時間短縮が出来 又、食感も、もっちりとしており、これからこの方法でいこうかしら。。。と
この前 この方法で、家でも チャレンジしてみました

「ジャルジーラー」は、どろんとした スパイスと青汁類いの飲み物です
食前に飲むと胃腸を整え良いと言われていますが、苦手な人が多いとの事。。。
初めて口にしましたが、独特なお味には思いましたが、大丈夫でした

インド料理は、パワーが出ます
「豚しゃぶカレー」 「スパイスプラウ」 「スキマチリ」 「インド風サラダ」 「アイスチャイ」 

御持て成し2

余り 口にする事の無い バスマティライス等。。。美味しく頂きました

相変わらず、玉ねぎすりおろしにて 涙ポロポロ

今回のメニューは、魚、肉、アイスチャイ。。。
アーユルヴェーダ的には、牛乳、魚&肉は、食べ合わせの よくないものとして考えるので

最近、教室では、生徒さんの意思に基づき、季節のスパイス・ハーブドリンク等に 変える事が
出来るのですが、予定のメニュー通り 「アイスチャイ」を 選択しました。。。

また、豆乳で代用する案も 出ましたが、牛乳に。。。
チャイは 牛乳の方が 美味しいのですよね。。。

「アイスチャイ」は、ホットのより 濃いめに作ります 初の アイスチャイ作りでした

ホットチャイの方は、夕方の糖分補給として、魔法瓶に入れて
よく持ち歩きます (魔法瓶には香りがつき、又、味はおちますが)

アイスチャイも 美味しいですが
アーユルヴェーダを 嗜むと、ホットか 常温を 選択してしまいます。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。