上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母親が、友人から「スカイスパ横浜」の割引券を頂いたので、母と先程行って来ました
母は3回目 私、お初になります

北海道・二股カルシウム温泉の原石をしたお風呂や、炭酸泉
スチームサウナ等にゆっくりと入り・・・

その後、リラクゼーションルームで、リクライニングチェアの上で雑誌を読みそしてひと休み
横浜のスカイビル14階なので、夜景が綺麗でした

夕食は、スパ内のレストランで・・・ 
食休みしてから再び、お気に入りの炭酸泉に、ゆっくりと浸かり・・・

筋肉が緩みました。。。おやすみなさい
スポンサーサイト
ハロウィン限定バージョン のお煎餅を頂いた際、アンケート葉書が入っていたので
書いて投函した所・・・見事当選し、おせんべいが 到着しました

越中富山の、あられ・かきもち「ささら屋」さん 美味しくて、止まらなくなります

おかげ様で・・・ありがとうございます

お煎餅
10月13日(月・体育の日) 5時起床
6時~朝のおつとめ 御影堂に集まり「般若心経」「南無大師遍照金剛」等を、読みました

その後、御影堂の地下にある約100mの「戒壇めぐり」へ・・・暗闇の中、宝号を唱えながら弘法大師と
結縁する道場となっています 弘法大師のお声を、再現したとされるお経が、流れています
先が見えなく、真っ暗の為、壁に触れながら、手探りで前に進むので、まるで迷路の様でした
不思議な初体験です

その後、朝食 おかずが美味しく、更にご飯がすすみました

出発予定時刻まで、余裕が無いので、忙しなく「七ヶ所まいり」の内の残る事、一ヶ所である
「善通寺」のご朱印を頂き・・・善通寺境内にある、お土産屋さんをパッと見て、Tシャツを買いました
香川県☆2008年 041 お遍路さん用の白衣(ハクエ)に似た、Tシャツです
来年~こちらを着て巡礼しようかしら。。。テニスの時に着てみたらどうかな~等を考えながら・・・

BS放送のお遍路の番組ロケで、卓球の四元奈生美選手が来ていました
香川県☆2008年 027                香川県☆2008年 028

最終日は、休日・乗り降り自由、気ままな旅ができる切符 『JR四国再発見切符
(5500円÷3人=1人当たり1834円位)で、移動しました 

善通寺8:18~多度津8:25(JR土讃線)      車内から眺める朝の瀬戸内海           
多度津8:27~観音寺8:56(JR予讃線)         香川県☆2008年 029
↓川の向こう観音寺
香川県☆2008年 030 香川県☆2008年 031     
徒歩約30分        ↑途中ワンちゃんが沢山皆同じ体勢でいて可愛く、パチリッ
 第68番 神恵院→ 同じ敷地内、第69番 観音寺へ・・・  香川県☆2008年 032
88ヶ所の内、9ヶ所の霊場が、終了となりました

観音寺11:15~高松12:31(JR快速サンポート南風リレー号)

高松駅に着き、讃岐うどんを探し、駅前にて昼食

高松駅徒歩5分程史跡高松城跡/玉藻公園」へ・・・
香川県☆2008年 033 香川県☆2008年 035←城跡香川県☆2008年 037←月見櫓

香川県☆2008年 034←内苑御庭  香川県☆2008年 036←松平藩時代に藩の政庁
    及び、藩主の住居を復元した所で、「披雲閣」といい、見学が出来るのですが、
    本来、入ってはいけなかったかもの?!「そてつの間」?!でしたでしょうか・・・
    気が付かずに 3人で、まったり&のんびりと足を伸ばしてリラックスしていました
    日本家屋の感じで、落ち着く場所でした。。。

帰路に向けて・・・  高松16:09~岡山17:03(快速マリンライナー46号)1470円
岡山17:24~新横浜20:34(のぞみ94号)     夕食は新幹線で、高松駅で買ったパンと・・・
香川県☆2008年 038 香川県☆2008年 013←頂いたお土産(煎餅)をパクリ
↑四国限定「四万十源泉水」

お二方とは、新大阪で、名残惜しみながら、お別れ

親愛なるお二方様へ・・充実した3連休、ありがとうございました又、来年会いましょう
残るは、79ヶ所ですね私、これより「四国八十八ヶ所貯金」頑張ります

お遍路さんの白衣には、「同行二人」、「南無大師金剛遍照」の文字が入っています
「同行二人」とは、弘法大師と自分の二人という事を意味しており、常にどんな時でも、
弘法大師と共に、歩いているという事を意味しているそうです

この旅は、「同行4人」だったと思っています そして、これからの四国八十八ヶ所巡りも・・・。
3人の知恵や、直感が集結3人って、心強いですねそして弘法大師・・・。「同行4人」成立です
「三人寄れば、文殊の知恵」・・・こちらの言葉も、脳裏に浮かびました

又、次回のお遍路で、お目にかかれる事、楽しみにしています
10月12日(日) 前日、1368段の階段を上がったので、朝から太股が筋肉痛。。。
金比羅山を横目にこんぴら地区を、あとにして・・・琴平8:10~善通寺8:15(JR土讃線)200円  

駅から「善通寺」迄、歩く事約30分その間、所々で太鼓音が聞こえ、獅子舞で、賑わっていました
本当、いい時期に訪れました五重塔を目印に、辿り着く事が出来香川県☆2008年 021
善通寺境内にある宿坊で、荷物を置いて・・・「プチ遍路」計画、「七ヶ所まいり

七ヶ所まいり」とは・・・(7ヶ寺地図~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
古来より、四国八十八ヶ所各霊場71番~77番礼所迄の7ヶ寺を、1日で巡拝する
「七ヶ所まいり」という参り方があります 「四国八十八番寺社名勝」という絵図に
「足よはき人は、此印七り七ヶ所をめぐれば、四国巡拝にじゅんずといふ」とこの7ヶ寺には、
お守り下さる本尊様がお祀りされており、お大師様と共に「同行二人」の信仰をもって巡拝すると、
福運が授かると言われているそうです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第75番 五岳山善通寺 9時位目安に、スタート

 向かう霊場まで、結構歩きでがある様に思いました
第72番 我拝師山『曼荼羅寺』================================
香川県☆2008年 022          香川県☆2008年 039 ←納経帳(家宝です

待ちに待った最初の目的地、「曼荼羅寺」到着お遍路さんをしているという実感がありました
「曼荼羅寺」で、納経帳を購入この時まで、納経帳を買うつもりは無かったのですが、
Yさんに続き、Mさん…につられ購入 ここ「曼荼羅寺」で、「七ヶ所まいり」のみでは無く、
気長に3人で、四国八十八ヵ所を、巡る事に決まりました
心の奥に、年を重ねたいつの日か、四国八十八霊場を・・・とは思っていた事もあり、嬉しい~
三人は、心強い 年に1度の目安で、巡る事となり、目標が出来、楽しみが増えました

約500m
第73番 我拝師山『出釈迦寺』================================
香川県☆2008年 023 納経所にて・・・私達3人、買いたての納経帳に、住所・氏名などを
書いていなかったので、お気遣い下さった、納経所の方が、順番に墨で書いて下さり・・・
遠い所から来たね~等、ちょっとした会話があり、心晴れやか 印象に残りました
納経所で、働いてみたいなぁと思ったりもしたり・・・

弘法大師が、真魚(マオ)と言われていた7歳の時、身を投げた断崖を「捨身ヶ嶽」(シャシンガタケ)と言い、
奥の院となっているのですが、「出釈迦寺」から見上げると、急斜面のお山にお寺が見える形・・・
行ってみたいなぁと、一瞬惹かれましたが、足の疲れ具合や、その後の予定から省略

お腹も空き、休みたい。。。通り道で見つけた食堂で、定食を食べ、しばし休息後、再び歩く

うほほ。。。今迄コンクリート地面を歩いていましたが、これこそまさに遍路道という様なエリアに突入
や蛇が出そうな竹やぶ、山林の登り 街灯も無さそうで、晴れ間の明るい時に
通るべき箇所です こちらは、女性1人では、勇気がいる所かと思います。。。
木に「遍路道」と小さく書いたメモが、所箇所ぶら下がっていました
建物が見えるなり、着いたかと思いきや、更なる急階段目指すは、「弥谷寺(いやだにじ)」
いやいや・・いやと苦を乗り越えての「弥谷寺(いやだにじ)」と、心の中でふと駄洒落が、思いついたり・・・

約3km
第71番 剣五山『弥谷寺』================================
香川県☆2008年 024 香川県☆2008年 040←各お寺で納経際に頂ける御影保存用を購入
弘法大師が、ご学問されたとされる場所の様です
大師堂の奥に入ると、洞窟があり・・・沢山のお像。。。よく分からないのですが、この場所は、
悲しくもないのに、涙が出る様な気持ちになりました 不思議と、何か癒された気持ちでした
いやしの いやだにじ でした

次の霊場を目指すに辺り、時間が余り無いので、JR「詫間駅」迄歩く事に・・・何キロ歩いたのかな~
道があやふやに思う場所は、余計な体力を使いたくないので、人を探しては、伺い・・・
途中、地元の方に「詫間駅」を伺うと、「三野駅」の方が分り易いとの事で、道筋をご丁寧に教えて下さり・・・
「三野駅」まで歩く事、如何程でしょうか・・・目の前を通り過ぎ去って行く車を見るなり
乗せてくれないかな~?ヒッチハイク~ゥ?等、冗談素振り・・・。目印となる小学校が見え始めたね~
でも駅まで、まだまだの様だね~等、呟きながら・・・さすがに足の疲れが出ている私達。。。

そんな私達の目の前に、救世主が・・・・・・・・・・・・
「三野駅」迄の道筋を、ご丁寧に教えて下さったおじさんの車が目の前を止まり・・・
目的地を先程、告げていたので、「道隆寺」迄、乗っけてあげるよ~との、ありがたいお言葉

「道隆寺」迄、かなり距離があるにも関わらず、車を走らせて下さいました瀬戸内海沿いを通り・・・
車窓から眺める景色、素敵でした 温かなお気持ちに、感激と感謝の気持ちであふれました
おじさん、本当にありがとうございました

「道隆寺」へ、ワープした様でした
第77番 桑多山『道隆寺』================================
感激と感謝の気持ちで、胸が高鳴りながら、気持ちよく参拝
本尊薬師如来は「目なおし薬師」さまと言われ、日本初の眼科医を祀った潜徳院がありました

各お寺は、ご朱印を頂く時間帯が、17時迄の為、この頃から撮影する余裕が無く・・・

JR多度津駅まで、歩く事15分位   多度津~金蔵寺 200円


第76番 鶏足山『金倉寺』================================
駅に降りること、太鼓音が聞こえ、獅子舞を横目に、10分程で「金倉寺」到着
「金倉寺」でお参りを済ませた後は・・・
次の霊場まで歩いていたら、17時迄に間に合わないと思い、タクシーに乗りました


第74番 医王山『甲山寺』================================
香川県☆2008年 025 ギリギリ17時前に到着し、ご朱印を頂き、ひとまず終了~
七ヶ所まいり」の内、残り1ヶ所である「善通寺」のご朱印は、善通寺宿坊に泊まるので、翌朝と決めて・・・

約1.5km
第75番 五岳山善通寺 ゴ~ル 頑張りました~ 17時ちょっと過ぎた時刻でした

これから「七ヶ所まいり」を、検討される方へ・・・全て歩く場合は、
朝7時~まわられると、1日で巡る事が出来るかと考えます

宿泊先は、弘法大師・御誕生所/総本山善通寺の宿坊「いろは会館 1泊2食付5800円(税込)
エレベーターもあり、お手洗いは、ドアを開けると明かりの付く最先端式 綺麗でした~
宿坊へ泊まるのは、和歌山県・高野山以来2度目になります

夕食も、美味しく頂きました 

旅の疲れを、宿坊内にある大浴場“大師の里湯温泉”に、休み休みで、2時間ばかり、浸かり・・・
少し、足のハリが、和らいだのを感じました

宿坊内の自動販売機で、ご当地限定の、「四国八十八ヶ所・霊場茶」と言うのを (緑茶です)
購入して、喉を潤わせ・・・    香川県☆2008年 026   畳とお布団、落ち着きます

翌日の、朝のおつとめに備えて、早めに就寝
10月11日(土) 新横浜6:18~岡山9:12(のぞみ1号)
             岡山9:32~児島9:54(快速マリンライナー17号)
             児島10:01~琴平10:38(瀬戸大橋線)

琴平駅に着き、初日の宿泊先「サンウェルコトヒラ」で、荷物を預けて・・・
(3人部屋・一人あたり素泊まり3000円(税込)シンプルで実用的で、リーズナブルなホテル)

金比羅山を目指し、歩く中
香川県☆2008年 001 ←商店街アーケード沿いにある、Yさんおススメのコロッケ屋で、
肉コロッケを買い、歩きながらパクリ!!!出来たてホクホクですし、美味しかったです

途中、石屋さんを、発見 → 凸凹堂 3人、石好きなので、早速、石まわり。。。

お昼は、讃岐うどんを目指して、通り道にあった、うどん屋に入り、腹ごしらえ

うほほ。。。お噂通り、見上げると階段が気合が入ります 画像の先にも、まだまだ階段が続く。。。
香川県☆2008年 002
途中、お馬さん発見神馬(しんめ)と書いてありました
無我夢中で、ご飯を食べており、なかなか顔を上げてくれません
香川県☆2008年 004
↓こんぴら狗 かわいいワンちゃんの像でした
香川県☆2008年 005  木製のお馬さん発見→ 香川県☆2008年 006

所々、喉を潤わせ休憩をしながら、「金刀比羅宮」本堂に着き、お参り

それから、意を決して「奥の院」に行く事に。。。更に上り坂&階段が続く。。。
ここから、空気が変わった様に思います。。。木々に囲まれ温度が下がり、更なる神聖さを感じました

↓途中、金木犀の香りにつられ、木に近寄ると、はじめて見るボリューム感のある金木犀のお花でした
香川県☆2008年 008    奥の院に到着~→ 香川県☆2008年 009

↓計1368段・海抜421米と記載されていました 頑張りました
香川県☆2008年 011 見下ろす景色は、最高でした→ 香川県☆2008年 010

降りる途中、再び、神馬(しんめ)のお馬さんの所へ・・・食事が終え、首を上げている香川県☆2008年 012 ・・・やっとお顔が見れて、パチリッ


とら丸旅館さんで、お借りした竹状の杖を返すと共に、ひと休みさせて頂きました
さすがに、階段を上り続けたので、足がガクガクしていました

その後、ご当地限定・和三盆ソフトクリームを食べ再び、行きに立ち寄った石屋さんに入り。。。

夜食は、金倉川沿いにある、讃岐うどん屋にて・・・ その後、お祭りへ・・・

この時期、金刀比羅宮は、1年に1度の大祭中で、貴重な時に訪れる事が出来ました有難いです
金刀比羅宮から少し離れる、神事場という場所に向かいました
白馬を発見し、近寄りました
香川県☆2008年 015 ← 香川県☆2008年 014 すごく綺麗です

21時位~、一大イベントがある様で、それまで少し時間があるので、ローソンで翌日の朝食分を購入

その後、あらためて。。。
香川県☆2008年 017香川県☆2008年 018香川県☆2008年 019

その後、何頭ものお馬さんが続々と・・・目の前を通り。。。お馬さん好きなので、興奮しました
香川県☆2008年 016

宿泊先、「サンウェルコトヒラ」へ戻り、翌日に備えて、早め就寝を心掛ける
昨日は、習い事/仏教の、お参り&散歩ツアー
日本一を誇る、大仏さまがあります『千葉県鋸山(南房総国定公園)日本寺』へ・・・

大仏さまは、総高31.05メートルで、奈良の大仏の約1.7倍で、日本最大の様ですが、
このツアーで初めて、日本寺というお寺&日本一を誇る大仏さまが、千葉県にある事を知りました
聖武天皇の勅詔をうけて、開かれた関東で、最も古い勅願所と言われているそうです

貸切バスにて、9:00出発 鋸山(ノコギリヤマ)山麓に、到着後・・・
山頂を目指し、ロープウェイで上がり。。。東京湾を望み、その先には神奈川県が見え
木々に囲まれ絶景でした千葉県鋸山日本寺 005

階段を上がり・・・十州展望台にある浅間神社
千葉県鋸山日本寺 007

両サイドに、切り通しの様な・・・気持ちの良い空間がありました
千葉県鋸山日本寺 009 千葉県鋸山日本寺 010 千葉県鋸山日本寺 011

この空間を、抜けると。。。百尺観音さま石に彫られる石像の観音さまは、日本では珍しいそうです
こちらを前に、皆様で般若心経など唱える
千葉県鋸山日本寺 016 千葉県鋸山日本寺 015

その後、山頂展望台を目指して上り階段。。。「地獄のぞき」という名の、スリルある所がありました
下からの撮影 出っ張っている崖部位が「地獄のぞき」です
千葉県鋸山日本寺 014 
「地獄のぞき」の先端から見る眺め。。。風が強くスリルありました
千葉県鋸山日本寺 017 千葉県鋸山日本寺 018

その後、少し下ると、西国観音さま・・・千葉県鋸山日本寺 023 千葉県鋸山日本寺 022

続いて、「四国・坂東・秩父観音を合祀します」と、立て札のある場所へ。。。
先週、四国へ訪れたばかりな事もあり、嬉しかったです
千葉県鋸山日本寺 027 千葉県鋸山日本寺 028 千葉県鋸山日本寺 030
そして、あせかき不動さま とても厳しい目をされています
千葉県鋸山日本寺 031 千葉県鋸山日本寺 032

↓千五百羅漢道・・・自分に似た顔をした像が、1体はあると言われているそうです
多くの羅漢さま、首の継ぎはぎが目立ち、不思議に思っていましたが、後に明治維新の
廃仏毀釈の影響があったと伺いました
千葉県鋸山日本寺 035 千葉県鋸山日本寺 036

↓続いて、維摩窟(ユイマクツ)・・・ここを通ると、何か惹かれるものがありました
出家をされていなく、在家のお立場であるが、とても、強い神通力のあるお方だと。。。
「維摩経」の境地も、興味深いです今度、その文献を調べてみようかなぁと思いました。。。
千葉県鋸山日本寺 037
↓続いて、不動滝の水を触らせて頂き。。。   ↓こちらは、弘法大師護摩窟
千葉県鋸山日本寺 040            千葉県鋸山日本寺 041
↓日本寺のメインである大仏さま こちらを前に、皆様で般若心経など唱え・・・
千葉県鋸山日本寺 043 千葉県鋸山日本寺 044
↓こちら、インド菩提樹インド政府より、日印親善と世界平和を祈念して、釈尊成道の聖地
ブッダガヤの聖菩提樹の分木が、日本寺へ贈られたそうです
千葉県鋸山日本寺 045

鋸山をあとにして・・・
千葉県産のお土産・海産物・野菜のあるお店で、お買い物休憩 
その後、車中で、眠ってしまいました
そして、「海ほたる」で休憩 強風です 海の向こうは、うっすら横浜が見えました
千葉県鋸山日本寺 046

素晴らしい1日を、ありがとうございました
富山の旅の際、ご縁があり、お友達になった同世代の女性お二方と、その時から、
金比羅山・計画が進み、連休3人で、香川県へ行って来ました(富山の旅ブログ→№1№2

香川県の小豆島へは、試合で訪れていますが、四国本島は初めてなので、事前に色々
調べました夜行バスで行くつもりでしたが、連休の為、運行していないのか?!
何故か、なかなかHP上にUPされなく、この度(旅)、往復、快適な
のぞみ新幹線での計画に変え、金券ショップで確保東海道新幹線、久々です

事前のやりとりで、偶然、乗車予定の新幹線&列車が同じ事を知り・・・
富山~新大阪経由で乗車していた、Mさん・Yさんと岡山駅で、再会

3人の出会いの源となる、石屋・日月さんで、全く別の日に
偶然、同じ種類の石の入ったブレスを、購入しているらしいですし。。。
蟹座・蠍座・魚座の、水のエレメントの3人組ですし。。。

旅を通した角度でみると、昔から知るお友達の様な・・・何も語らずも安心出来るといいますか・・・
肩肘張らずにいられ、一緒に居て、心和むお二方であります
偶然が重なる不思議さ・・・面白いものです何らかの、ご縁があるのだろうかと思います。。。

このご縁に、感謝します
2008.10.14 現実の世界
興奮冷めやらぬ・・・言葉では表現出来ない、深い感動と感激・・・昨夜、香川県から
地元へ戻って来ました今日から、現実世界に戻って、レッスンとショップのお仕事 

プチ遍路で、かなり歩き込んだので、レッスンの際、ラケット振るなり、重心がおちて、
軸が安定するのを感じました 脚力がついている様です
 
しみじみと、思い振り返りながら、旅ブログを、ゆっくりと綴っていこうかなと思います
明日~、プチ遍路の旅 

四国各県を、徳島は「発心の道場」、高知は「修行の道場」、愛媛は「菩提の道場」、
香川は「涅槃の道場」と呼ぶ様ですが・・・ この度(旅)は、主に、香川県「涅槃の道場」へ・・・

荷物チェックOK~ 朝早いので、早寝します
================================================
現在のテンプレートは、堂内を埋め尽くす様にして立つ、千手観音像で有名な『京都三十三間堂』
行った事は無いのですが(いつかは行ってみたい)、新着テンプレート情報で
今月は、このイメージが相応しいと思いまして・・・
2008.10.08 仏教の勉強会
朝は、仏教の勉強会
蓮の絵柄のバッグを最近購入したので、仏教用ノート&本を詰めて、持って行った事から・・・
蓮の話題に・・・ 蓮をサンスクリット語で「パドマ」、青色の蓮を「ウダバラ」と・・・

蓮華合掌のやり方も、再確認
蓮の花のつぼみの様に、少し膨らみをもたせて手を合わせます

又、先生の法話・お言葉が飛び交い、シェアをしていく中で、「我執」について・・・
(自我のエゴ・意見を張り通す事・こだわり等・・・の意味)
そこから・・・「自分が好きですか?」の問いからはじまる、かなりウケる事があり・・・
文字では表現出来ませんが。。。久々に笑いこけるヒットでした笑い疲れそうでした 
思い出し笑いをしてしまいます (これでは、伝わりませんね。。。)

終了後、ご一緒する方が、煮詰めて作ったビッグサイズの栗を、持って来て下さって・・・
皆さんと美味しく頂きました 心温まる季節の物、最高です ご馳走様です

堅苦しさが無く、和やかな雰囲気。。。月2回参加する仏教クラス、本当楽しいです
2008.10.07 タイム
季節の変わり目に合わせ、「タイム」ドライハーブを、少量ブレンドして、飲みはじめました
抗菌作用の最も強いハーブで、風邪予防に・・・

身体に良さそうな・・・お味なので、他のハーブとブレンドすると、飲み易いかと思います

学名のThymusは、ギリシャ語のthymos(勇気)に由来しているそうです
古代ローマの戦士達は、戦いに行く前に、タイムが入ったお風呂に入り、
勇気を、奮い立たせたと言われています

別名:タチジャコウソウ
科名:シソ科Thymus vulgaris
防腐・抗菌・殺菌・鎮痙・強壮・去痰
はじめてアーユルヴェーダを、受けました
以前から、受けてみたいとは思っていたものの・・・アーユルヴェーダは、大概、1万を超える
結構な価格につき、身体のメンテナンスとしては、なかなか手が伸びず・・・
この度、1万円をきる期間限定のキャンペーンがあり 体験しました

まず、フットバスを行いながら、質問事項に記入アーユルベーダ別、3つ体質の中では、
今現在点数の多かったのは・・・『ヴァータ(風のドーシャ)』 
体質の特徴、バランスが乱れた場合に起きる健康への影響、バランスを整える生活、
バランスが良い時などの、ヴァータ体質の書いてある紙を頂きました 
まぁ、3つで分けるならば、やはり生活パターンからして、「ヴァータ」が1番当てはまるのかなぁ。。。

背中、肩周りをオイルでほぐして頂いてから、仙骨に温かいオイルを注ぎ温める「カティバスティ」
腰痛や生理痛などに効果を発揮するそうですその間、ふくらはぎをほぐして頂き・・・
髪の毛を引っ張る様な手技や、頭皮をしっかりした圧でほぐして頂き・・・

最後は、額に(第3の目と言われる所)に、温かいハーブ水を垂らす浄化コースの・・・
「チャクラダーラ(シロダーラ)」というのを体験 最初は、額がムズムズしましたが、
慣れると、心地良い不思議な感じ 瞑想状態?!になれそうな・・・

通常、額には、ハーブ水ではなく、オイルの様ですが、オイルは後が大変なので、こちらでは、
ハーブ水を用いているそうです ヴァータ体質用ハーブ水を、使用下さいました

究極のリラクゼーションでした

アーユルヴェーダは、インドの伝統的な学問で、サンスクリット語の「アーユス(aayus 生気・生命)」と
「ヴェーダ(veda 知識)」の複合語です
現代でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいるそうです
アーユルヴェーダ・・・興味深いです

アーユルヴェーダの書籍が、1冊家にあるので、又少し、読み返してみようかな・・・
『動中求静』・・・この4文字が、私の中で、流行っています
太極拳特有の言葉の様です太極拳をされるお世話になっている方のブログの中で、
初めて目にする4文字でしたいい言葉を伝えて下さったなぁと感激しています

意味に惹かれ、個人的にも調べてみました
===========================================
「動中求静」は、動きの中に静を求める事で、どんな技をしていても心は安静を保つという事で
心の中が散漫になって、他の事を考えたりしていると、動きが乱れてきます。
そこで、太極拳では動きの中で雑念を払い、無我無心になって静を求めるそうです
その為、太極拳を「動く禅」、「行禅」とも言われているそうです

日常の暮らしについて言及するならば、あわただしい時にこそ心を落ち着けて、
静かに行動する事が肝心だと言えましょう。。。と
============================================

何事を通しても、又テニスにおいても通じる様な・・・意識していきたいと思う境地です

つい先日初めて知るこの言葉・・・座右の銘の1つとして加わりそうです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。