上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦行の1つとされる イベント?、ヒマラヤ「ダウダールダール山脈」を望める
絶景ポイント「トリウンド」へ 山登り(標高2900m)

先頭を行く、アメリカ人のヨガの先生と、オーストラリア人(男性)・ハンガリー人(女性)の
3人について行く事にしました。 序盤から ハイペースで、片道4時間の目安コースの所
2時間55分で気力で登り 下山は2時間20分  完全に 筋トレでした

IMG_0196.jpg
(途中ルートの画像)

ゴロゴロ、ゴツゴツした岩場をまたがり、バランスを要し。。。体力奪われ、お腹が空き。。。
チョコを頬張り、踏ん張り。。。最後の30分は、自身の脚をもっていくのがやっと
気力でした。。。外人さんは、脚が長くて1歩が 長~い 涼しいお顔をされている。
私は、何歩分の歩数を要した事でしょう。。。?(笑)

その後のご褒美 ↓ 絶景 ヒマラヤ 「ダウダールダール山脈」

IMG_0173.jpg

IMG_0187.jpg
スポンサーサイト
約1カ月滞在した 「ヒマーチャル プラデッシュ州 マクロードガンジ (アッパーダラムサラ)」は、
1950年代末に、ダライラマ14世が チベットから亡命して以来、
チベットの亡命政権が、置かれている事で 広く知られています

滞在先は、ダライラマ法王の公邸 と 公邸 隣の「Kalacha寺院」迄
徒歩10分弱程の所でした

チベット人が多く、インドにいるというよりも、チベットにいる様な 雰囲気を感じました。。。
ダライラマ法王に守られた様な、穏やかで治安も良い方かと思います。。。

ヒマラヤ山脈を望む事の出来る 標高1800m位の所で 山の中に町があり。。。
物価は安く、チベット料理店・カフェも 色々有、ケーキも 有 日本食も有
(インド料理店より、チベット料理店が多い様な。。。)

坂や階段が多く、日本の様に、コンクリートはまっすぐでは無く凸凹。。。
階段の高さが違ったり。。。針金、飛び出ていたり。。。フンがおちていたり。。。溝があったり。。。
足音に集中していないと、捻挫しそうです(笑)
脚力・バランス感覚は、鍛えられる事と思います。

★ ダラムサラガイド ⇒ 「こちら

滞在先から、お店が並ぶ通りまで、5分位ですが、かなりな 階段を上がります
生活用品は揃っており、フリーWiFiカフェも多く、不自由ありません。
外国人が多いです。。。数回、1人で 買い物に行きました

IMG_0264.jpg

今回は、ヨガ目的の為、宿題に追われ 最後にはテスト。。。こなさなければならない事が多く
忙しかった為、今度は 宿題テストなどのない旅行で、ゆっくりと もう1度訪れたい所です(笑)
IMG_0260.jpg IMG_0244.jpg
IMG_0243.jpg IMG_0242.jpg


ヨガコースは、現地集合・解散。。。個人で 交通手段を 手配をしなければなりません

「成田空港」~「デリー空港」、キングフィッシャー航空で 「デリー空港」~「Gaggal空港」。。。
「Gaggal空港」~「マクロードガンジ」(車 約30分位)が、ベストな行き方でしたが。。。
2013年~キングフィッシャー航空が 経営破綻により、利用出来なくなり。。。

往路は・・・「成田空港」~「デリー空港」
デリー1泊。。。国内線で「デリー空港」~「アムリトサル空港」
「アムリトサル空港」~車で「マクロードガンジ」 (車 5時間位)

復路は・・・車で「マクロードガンジ」~「チャッキバンク駅」 (車 3時間位)
寝台列車で 「チャッキバンク駅」~「ニューデリー駅」

・・・・・・・・経由に決めて。。。

外国人が事前に列車予約(ネット上)する迄、手続きに手間がかかる様で。。。?
又、外国人が事前に列車の予約が出来なくなったといった情報もあったり(?)。。。

初のインド。。。英語も出来ない為。。。
「地球の歩き方」掲載、日本人多くの方が利用する「シゲタトラベル」さんに、依頼

インドの旅行会社ですが、日本語メール可能 手数料も 安い方かと思います

飛行機や 列車、空港~デリーの提携ホテル迄の送迎などを 「シゲタトラベル」さんで。。。
(現地のタクシーは、ヨーガの先生の知人の方が 経営するタクシーを利用)

往路に、通過点で 1泊利用した 「Hotel Cottage Yes Please
(シゲタトラベルツアーデスクは、此方に)
IMG_0022.jpg フリーWi-Fi、使用可能
往路・・・インド入国し、ニューデリー駅近くの ホテルに到着後・・・

翌朝の朝食分を買いに 「そむあでぃ茶屋」さん (日本人女性 経営)へ 向かいました 
(この時は、ご主人(インドの方)のみ)(2013年オープンのお店)

夜のデリーを Mちゃんと。。。2人で。。。 (宿泊ホテルから、徒歩10分弱位)

メインバザール付近の路地裏の細い道を入った所にある為
メインバザールにある、「ホテルパヤル」さんに 立ち寄ると、此方から 案内して下さいます
(10月頃、「ホテルパヤル」さん内に、移転する様で 暫くお休みされるそうです

気候を考え、日持ちする様な物を チョイスし、テイクアウト。。。
「おやき」 と 「麻の実入り煎餅」 (ヒマーチャルメニュー)
IMG_0026.jpg IMG_0027.jpg

朝、宿泊先の部屋で、頂きました 自然の味が活かされて、とても美味しいです 

IMG_0024.jpg IMG_0025.jpg

テイクアウト用を作って頂いている間、冷たいお茶を出して頂きましたが。。。
水だしのお茶かなぁ??? Mちゃんと どうしようか?・・・と。。。
 
暑く、喉は乾いているのですが、デリーに着いて間もなく、これから始まろうする旅路、、、
申し訳ないですが、デリーのお水には 警戒がありまして・・・

常連さんと思われる インターネットをされていた日本人男性に、伺ってみると・・・
「ここのは、大丈夫」との事で、美味しく頂き、飲み切りました 全く問題ありません

これから、此方の茶屋さんが多くの方に知られて、より多くの日本人の方々が集まり・・・
安心出来る場所として、知られていくのではないかと思います

日本人の方がいらっしゃると、安心しますものね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。