上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中は、日差しの中「チームロータス」での、テニスレッスンでした
暑かったので、様子を見ながら、のんびり行わないと危ないと思っていましたが、
皆様の爽やかな表情に励まされながら、特に問題なく終わり、安堵しています

真夏は「ピッタ」の季節です (チベット医学では「ティーパ」)
             空・風     火・水    水・土
アーユルヴェーダ  ヴァータ   ピッタ     カパ
チベット医学      ルン    ティーパ    ベーケン

ピッタ時期のベストな食べ方・ハーブティ・食べ合わせ等、本を見直すこの頃

暑さにより、火のエネルギーが強くなり過ぎてしまうと、消化器系の不調が出やすく、
又、心の面では、イラつきがみられてきます

体内が熱くなると、血液が酸化に傾き、血液がドロドロになります
暑いとつい、冷たいものを一気に摂りがちですが、これも又気をつけたいものです

この時期、特に「ピッタ」体質傾向の強い人は・・・増やさない様。。。
ピッタの時間帯とされる、10~14時は、刺激的な事や、屋外での運動は避け
(避けられません。。。) しかしながら、適度に汗をかく事は、大事です 

バランスとるならば・・・カパの時間帯とされる
6~10時・18~22時に、運動・活動するのが、望ましいとされています

お月様を見たり、水の音のCD流したり。。。水辺など。。。
女性性的なものが良いです・・・
ローズウォーターで、ほてった体を、穏やかな気持ちで、クールダウン。。。

冷却作用のあるアロマオイルをブレンドして、抗ピッタオイルとして使用したり。。。

今年は、夏日が少ないですが 暑い日は、ゆったり、ゆらゆら&のんびりを、
心がけ、うまく乗り越えていきたいものです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。