上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.15 インド料理②
口内の怪我?により、舌のヒリヒリ具合を残し、味覚が落ちながらも(前ブログ→詳細
心待ちにしていた、2回目のインドインド料理教室 若葉マークの日が訪れました。

当初よりは、多少良くなってきたとはいえ、刺激物に、舌が耐えられるかどうか???でしたが
スパイスの説明の中で、「クローブ」の味見をしたのが、良かった模様(?)
局所麻酔作用・歯痛止め作用etc.がある。。。アロマテラピーでも学んだ「クローブ」。。。

しかし、1粒噛むと、身体が火をふく様に熱くなり、舌がしびれ、少しビックリしました
「ピッタ(火のエネルギー)」が、強いこと。。。
味覚が落ちているせいではなく、他の方の反応も同じだった為、安心 

「クローブ」の局所麻酔作用のおかげなのか?、舌に余り気をとらわれず、
美味しく頂けたのかもしれません。。。

本日、6人・分担で作った、インド料理は・・・コック帽 
「ひき肉のカレー」・「おくらのカレー」・「キャベツの漬物」・「バターレーズンライス」・「生姜チャイ」
SA3D0030.jpg ・・・完食したら、身体の奥から元気になりました

ともかく、唾液が出づらい状況の為、油断して、多く食事を摂ると、消化不良を起こすので
もう少し口中の具合が良くなったら、学んだレシピに挑戦するとします。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。