上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.09 上虚下実
武道や武術などで、よく使われている言葉・・・「上虚下実」(じょうきょかじつ)
************************************************************************************
姿勢においては、上半身(特に肩)の力が抜けていて、大脳の緊張が緩み、力みの無い姿勢。
それに対し、下半身(下丹田)は、気が満ちて充実感がある。
日常では、「上実下虚」になる事が多い。これは、バランスが崩れている状態。

「上虚下実」は、最も基本的な身体の陰陽のバランスの調整。

「上虚下実」の目的は、上半身をリラックスさせ、気を下丹田に沈める事。
気を練り、養う事の第一歩。腎(先天の気)を養う。       【一部略】
************************************************************************************

「上虚下実」の状態が、全てのスポーツの基本であり、健康のモト・・・
上半身3:下半身7が、理想と、言われています  
上半身は軽く、下半身はどっしりとして、安定している状態。。。

今日は雨から、夜は雪へと変わり・・・ 
今月は、ゆっくりがテーマの中で、「上虚下実」や「頭寒足熱」など・・・心がけたく思う、4文字です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。