上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立山(雄山)登山目的に・・・昨年に続き、富山県入り

7月13日(金)
新宿 23:00発~富山駅北口 5:30着

7月14日(土) <梅雨空。。。降ったりやんだり。。。>
6時開店の 「パンドール」で、パンを 購入し、友人MAちゃんが 迎えに来て下さり・・・
7時開店の 「ロッテリア」で、HOTコーヒーを 購入し、「富山県富岩運河環水公園」で 朝食
かんすい公園 「パンドール」パン いいお味。。。

友人MIちゃんと合流し、3人でヨガ教室へ・・・9:30~10:30

MAちゃんの運転で、立山駅へ向かう。MIちゃんの母上のご友人の方の 飲食店に車を置かせて頂き
此方で、カレーを注文 美味しく頂きました

↓ 立山駅                         ↓ ケーブルカー
立山駅 ケーブル

「立山駅」から、ケーブルカーで 7分程→「美女平駅」。。。
「美女平駅」から、高原バスで 55分程→「室堂」       着くなり、寒し

立山玉殿の湧水」にて、湧水を頂いていく。湧水、まろやかで美味しい

地獄谷 歩道周辺は、噴気活動が拡大活発化しており、火山ガス中毒の
事故発生リスクが高まっている為、平成24年度より当面の間 通行止めとなっているそうです

↓ 雷鳥                  ↓ 地獄谷・・・硫黄の臭いが漂っています。。。
雷鳥(画像にて使う方) 地獄谷

携帯のズームで、何とか撮れた画像です
雷鳥の オス・メス・子供の 親子を、見る事が出来ました

毎年、立山登山をする MIちゃん・・・雷鳥親子を見れて、ハイテンション
なかなか雷鳥は お目にかかれない様です

みくりが池 みくりが池2
みくりが池4 「室堂」~歩10分の「みくりが池」雪が、流氷に見える

宿泊先の「一の越山荘」は、お風呂が無い為
みくりが池温泉で、身体を温めてから、一の越(標高2700m)を、目指して登る

早くから登られて、下山される数人の方と すれ違う度に
午前中は、凄い荒れ模様だったと 口々にされていました

私達が 登りはじめた15時頃は、晴れていて有難い思いでした

今年は梅雨に 雨が少なかった事で、雪が解けておらず、思いがけず 初めての雪山登山となりました 
積雪を歩いた経験がない為 MIちゃんに先導してもらい、助かりました
雪山 雪山2

一の越に到着し、記念撮影をしていると、すぐに 身体が冷えてしまいました

一の越山荘」で、宿泊の手続きで 住所を 書く時、ペンを握るのに違和感あり、書き辛く・・・
次第に、親指以外の 全ての第一関節に、シビレを覚えはじめました

シビレが3時間位続き、初めての感覚で気になり、何だろうと???・・・
後から、軽い高山病だと知りました

又、どうも寒さに弱く。。。
(上に上がれば上がる程、身体はヴァータ(風・空のエネルギー)が増えていると感じました[アーユルヴェーダ的に])
夕食の時間まで「一の越山荘」1階のストーブがある所で、1人で温まっていた所

ツアーを率いる立山ガイドのSさん(後で有名な方と知る)と、お仲間さんが温まりに来られ・・・
そこでお話させて頂いた事で、翌日の行動における助けとなった事、感謝感謝です 

一の越山荘」 1泊2食付 8900円
一の越山荘 夕食 ストーブ

寒さを前に、備えの反省と共に。。。自然の中に、身を置く事で 色々気づかされます。
あたりまえの様にある物が 無かったりもする。。。

ありがたいですね。。。

翌日の 雄山での 御来光に向けて、20時代に 布団の中に入る・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。