上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古代食の 名残のある 「チャラカキチュリー(おかゆ)」、「オイスターチキン」、「ダヒーパコリ」
「マンゴーチャトニ」、「カルダモン・レモネード」 の 5品

「御持て成し」のクラス とあって、一品一品 凝っている お料理ばかりです

その中の ホットな「カルダモン・レモネード」は、手軽に出来そう。。。
口当たり爽やかで、天然そのものの「レモネード」。。。気に入りました

おもてなし2

カレー粉 カレー粉お土産
インドには、「カレー粉」 というのは 無い様ですが、
今回、スパイスを混ぜ合わせた カレー粉なる物、お持ち帰り

ダヒーパコリ マンゴーチャトニ
チャラカキチュリー 揚げたり 煮詰めたり いい香り 漂わせながら・・・
平日の所をとった為か?。。。初めて ひとり…

申し訳なくも。。。開催下さり。。。
先生と、他のスタッフの方も手伝って下さり。。。とても贅沢なインド料理教室。。。

他のスタッフの方々分を合わせ、5人分を。。。

ゴービーハズリスタイル、プディナムルギィ、アールーパラタ
生姜のライタ、レモングラスチャイ
御持て成し2

「プディナムルギィ」の中身には・・・鶏肉。。。

昨年、アーユルヴェーダドクターによる 脈診から、鶏肉は極力控える様
アドバイス受けてから (ピッタ体質寄りにより) それとなく鶏肉は控えており、
久々に 口にした鶏肉。。。ミント入りで、味付け抜群、美味しい

チャイ作りでは、とれたての 生レモングラスを一緒に煮詰める。。。絶妙にマッチ
レモングラスを、育ててみようかと 考え中。。。

目から入る インド料理名(カタカナ系統)。。。少しばかり 馴染んできました。。。。
久しぶりの インド料理教室。。。<御持て成し②コース>受講 全6回 初日

左上から 「スージカハルワ」 & 「(ベジタブルコフタ)で使用する 野菜類から濾したスープ」
左下から 「ミントポテトフライ」 & 「マタルプラオ」 & 「ベジタブルコフタ」
御持て成し ジンジャエール
                                         「スパイシージンジャエール」
野菜類から濾したスープは、ビーツ色 コクがあり、自然の旨みが絶妙

ビーツは、鉄分・ポリフェノール含有量などが多く。。。
以前から探しているが、近所のスーパーでは無い為、先生から入手先アドバイス頂戴する

「ベジタブルコフタ」は、肉団子に見せかけた インドの精進料理
ニンニク、玉葱を使わない 北インドの寺院に伝わる ピュアベジタリアン料理 伝授頂く。
肉の味と思える程、絶妙な美味しさ

手間に加えて、調理器具、馴染みの無い材料も 必要になる為、家では 余り作らないと思うから
ポイント所では、しっかり見ておく様にと。。。目に焼きつけ。。。

今回ブレンドしたスパイス 「ダールマサラ」 と 「ミントのマサラ」を、頂きました
マサラ

先生による インドの体験談など。。。数々の貴重なお話。。。

憧れのインド。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
およそ半年ぶり、インド料理教室
1DAYイベント 「アーユルヴェーダ COOKING 」 に、参加

アーユルヴェーダに基づく、レシピを伝授頂きました。
2011_0727_130158-P7270227.jpg
ビーツのルビースープ(マトン入)、つぼ草のタンブリ、オクラのホットサラダ(アムラー入)
冬瓜のオーレン、芽もやし入りダール、ポーハ(押し米チウラで作る炒めもの)
炒り米のミント粥、スイカのスパイスがけ

甘味、塩味、酸味、苦味、辛味、渋味 ・・・ 全てが揃っています

1つ1つを作った訳ではなく、3人の先生が
ある程度まで用意して頂きながら、少し、お手伝いする様な 料理講習 イベント

2011_0727_124643-P7270226.jpg 2011_0727_212730-P7270229.jpg
「イヌホウズキ」             お持帰 「スイカマサラ」
「御持て成しクラス」全6回、最終 「インド料理」教室へ  女性8人(満員) 分担にて・・・

「ラムチョップ」&「ミントライタ」&「ゴービーパランタ」&「プレーンパランタ」
                           &「マサラパパド」&「トマトチャトニ」 
PC120010.jpg 「ゴービーパランタ」や「ラムチョップ」の
                                      絶妙な味付けに、感激

来年半ば辺り~、他のクラスを受講する予定。。。
それまで出来る限り、家で作る時間を つくりたい 

やはり インド料理教室のレシピで作るのは、何よりも美味しい。。。 
「インド料理」教室へ    男性1人、女性5人 分担にて・・・
「ナッツベースのチキンカレー」&「キャベツのバージ」&「チャナ豆ライス」&「コリアンダースープ」
御持て成し
玉ねぎ係では無かったが、隣の方が炒めてる段階で、ひとり涙涙、そして鼻水…(スミマセン)
目が弱いのか?。。。玉ねぎ扱うの際、時折 眼鏡かけます 次回は、眼鏡持参しようかしら。。。

今回のレシピも、素晴らしく 教室行く都度、インド料理屋さんへ足を運ぶより
美味しいと感じてしまっています。。。

インド帰りの校長先生が帰って来られるので、お時間がある方は待っててとの事で。。。
お土産インドのお菓子「ジャーレビ」    砂糖等で練ってあるお菓子
ジャーレビ インドのお菓子 初めて口にしました

目の前に座られた おひと方と先生との会話で、富山から見えたとかで…
「友人が滑川に住んでいます」とお伝えした所 「滑川市ほりえ?」と言っておられました…
帰り 途中まで電車が一緒になり。。。富山にはご縁を、感じます。。。

毎回、どなたかしら遠方から見える事が多い、インド料理教室であります   
私自身、教室まで 1時間40分  やや遠し・・・(通勤定期使用する経由という事もありますが)

ゆっくり復習する時間を見つけ、いかさないと。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。